FMD Vol.02 (続)リスティング広告の効果測定について | BLOG | ウェブ制作・デザイン|東京都北区

BLOG

  1. BLOG
  2. FMD Vol.02 (続)リスティング広告の効果測定について

FMD Vol.02 (続)リスティング広告の効果測定について

BLOG

FMD Vol.02 (続)リスティング広告の効果測定について

前回のブログでリスティング広告を出稿しているクライアントさんの
よくある現状を書いた訳ですが、それで終わってしまっては何のこっちゃんなんで、

「ずばりリスティング広告が役に立っているか」をグーグルアナリティクスで検証する。

の話をしていきたいと思います。

まず必要なこと、

1.グーグルアナリティクスの設定をする。
こちらは、ほとんどの企業が導入済み。。と言いたいところですが現状でよくあるのが
トラッキングタグ(計測するためにホームページのソースコードに加えるタグ)は
入っているんだけど、どのグーグルアカウントでみれるのかわからない。
なんて状態がよくあります。
アカウントがあればパスワードは再設定できるのですが、アカウントがわからない、
設定したのは退職したスタッフ。
なんてことも。
どうやってもわからない場合は、、、、

潔く新しいアカウントを取得して制作会社さんに新しいトラッキングタグを
埋め込んでもらいましょう。

グーグルアナリティクスの使い方などをこのブログで書くのはちょっとしんどいので、
よくまとまっている他の方のブログを参照ください。

アナリティクスのスタートガイド – アナリティクス ヘルプ

※よくわからん という方は弊社までご相談ください。
お問い合わせ

 

2.アナリティクスの目標設定を確認&リスティングのCVタグを設置。
アナリティクスの設置が完了したら、次にコンバージョンの目標設定をします。
こちらも落とし穴で親切な制作会社さんがアドバイスしたり、気を利かして設定してあげてる場合や自社にウェブ担当がいない場合、だいたい設定が出来ていません。なんのこっちゃかというと、コンバージョンをフォームからのメールにしている場合、メールをちゃんと送信完了しないと正確な数値になりません。その数を数えるために、フォームの完了画面をアナリティクスに教えてあげなければなりません。

目標を作成、管理する – アナリティクス ヘルプ

さらに、この完了画面にリスティングのCVタグを設置する必要があります。
・(補足)リマーケティングやリターゲティングのタグは全ページに。
・(補足)電話タップのイベントタグ設置と目標も設定すると便利です。
※よくわからん という方は弊社までご相談ください。
お問い合わせ

 

3.アナリティクスとアドワーズが違うアカウントの場合は紐付けをする。
リスティングの運用を代理店さんにお願いする場合に自社のグーグルアカウントを伝えるのが問題になる場合があります。
例えば、そのアカウントで他のサービスを利用している、実はAMAZONもそのアカウントだ。WEB担当者や社長個人のアカウントだなど、こちらもよくあるパターンです。ですので新規でアカウントをとる場合は、会社名@gmail.comで取得されるのをおすすめしますが、既に運用してしまっている場合はリスティング用の新しいアカウントを取得する必要があります。
そうすると、アナリティクスと連動が出来ず正確な解析が出来ません。

その場合はこちらの方法で紐付けをしましょう。

Google アナリティクスと AdWords をリンクする – AdWords ヘルプ

※よくわからん という方は弊社までご相談ください。
お問い合わせ

 

4.さあ、準備が出来ましたのでいよいよ解析です。

 

と、ここまで書いてみて、そこそこ長くなってしまったので、
肝心のアナリティクスでのリスティング効果検証は、次のブログで書きたいと思います。
直接会ってご説明すると早いのですが、文章にするって大変ですね。

お手上げな方やご不明な点や質問などありましたら、お気軽にご相談くださいね。
無論、相談は無料です。

FMD(ファンネルマーケティングレポート)バックナンバーはこちら

FMD Vol.01 『リスティング広告の効果測定についてか』