FMD VOL.05 『内部SEO施策』 TDK+Hについて | BLOG | ウェブ制作・デザイン|東京都北区

BLOG

  1. BLOG
  2. FMD VOL.05 『内部SEO施策』 TDK+Hについて

FMD VOL.05 『内部SEO施策』 TDK+Hについて

BLOG

FMD VOL.05 『内部SEO施策』 TDK+Hについて

FMD(ファンネル・マーケティング・レポート)、久々の更新となってしましました。

さて、TDKってみなさまわかりますか?
40代ぐらいだとカセットテープでしょ、ってなりますよね。
ノーマル、ハイポジ、メタルとか。。爪おったとか、俺ベストとか。

でも、そのTDKでもマクセルでもAIWAでもなくて、WEBサイトのタイトル、ディスクリプション、キーワードになります。キーワードは現在重要ではなくなっており、H1タグの方が重要になっていますので、正確にはTDK+Hという方が正しいかもしれません。追加メンバーですね。

TDK+Hのメンバーをそれぞれを簡単にご紹介。


『Title タイトル』


これはそのままでページのタイトルになります。
なんでもいいかというとそうでもなくて、Googleはタイトルを重要視しています。
検索されたいキーワードを含んでいること、なんのページなのかがわかることがが重要。
会社名や屋号、立地、何のホームページなのか、このポイントを入れることが大事です。

htmlのタグ表記は、
<title>ページタイトル</title>

よくウェブサイトを見ると、いくらGoogleが判断するとはいえ、このタイトルにものすごい数のキーワードを入れているサイトをよく見ます。でも、検索結果に表示される文字数はパソコンで32文字ぐらい、スマホで40文字ぐらいです。それより多いキーワードは表示されません。もし、大事なキーワードが表示文字数よりもあとにあった場合、ユーザーはなんのサイトだかわからなくなります。ですので、ベストは30文字程度。文字数で自分のサイトを言い表せられようにワーディング(言葉選び)をしましょう。


『Description ディスクリプション』


検索結果でタイトルの下に表示されるページの説明文になります。
こちらもGoogleが重要視しているのはもちろん、検索したユーザーが何のページなのかを判断するのでページの内容に合わせる必要があります。またタイトルと同じように検索されたいキーワードを含むことが大事です。

htmlのタグ表記は、
<meta name=”descriptioncontent=”ディスクリプション本文“>

よく見られるのはトップページと同じディスクリプションが全ページに入っているケース。制作会社によっては指定がなければ、未入力もしくはTOPページと同じに設定すケースもあります、ぜひご自身のウェブサイトをチェックしてみてください。推奨文字数は大凡300文字程度、各ページに固有のディスクリプションを登録するのは大変ですが、「ユーザーにわかりやすく、もっとクリックしてもらいたい」の思いで頑張りましょう。


『Keyword キーワード(メタキーワード)』


ページに埋め込む関連キーワードになります、現在はGoogleが「SEOとの関連性はない」としていますので重要度は低いのですが、いつまた変更されるかわかりませんので、登録をしておくことをお勧めします。

htmlのタグ表記は、
<meta name=”keywordscontent=”メタキーワード,“>

キーワードの数は3〜5が適正と言われています、こちらも各ページごとに関連のあるキーワードをいれておくことをお勧めします。

『h1 エイチワンタグ』

h1タグはページの見出しです、訪問したユーザー、Googleの検索エンジンに「こういうページですよ」と伝える役割になります。hタグは見出しタグなので、h1〜h6まで用意されています。
違いは文字の大きさになります、また数が小さいほど重要度が高くなります。またロゴ画像のaltタグ(画像の代替えテキスト、読み上げ機能の際にがこのテキストが読まれます)にh1テキストを埋め込んでいるサイトも多くあります、さほど問題はないのですがテキストとして表示させる方がベターといえます。

htmlのタグ表記は、
<h1>テキスト</h1>

『まとめ』
TDK+Hは細かなことですがSEOの内部施策の一つで設定をしていないサイトも多く見られます、ぜひご自身のサイトをチェックされてはいかがでしょうか?ファンネルワークスではサイト制作の際に必ずTDK+の
ご説明をし設定をしています。1ページづつ調べていくのは大変です、そこで下記のツールをお勧めします、無料版では取得出来るページ数が限られます(500ページ)がメインのページだけでもチェックされることをお勧めします。「
Screaming Frog」https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/  英語版ですが問題なく使えます。

内部SEO対策は他にも色々とあります、もっと聞ききたい、よくわからないという場合はぜひお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら >>https://www.funnel-works.co.jp/contact

 

FMD(ファンネルマーケティングレポート)バックナンバーはこちら

FMD Vol.01 『リスティング広告の効果測定についてか』

FMD Vol.02 『(続)リスティング広告の効果測定についてか』

FMD Vol.03 『(続々)リスティング広告の効果測定についてか』

FMD Vol.04『 集客チャネルについて』