【駄文徒然 その五】俺の家の話、俺バージョン | BLOG | ウェブ制作・デザイン|東京都北区

BLOG

  1. BLOG
  2. 【駄文徒然 その五】俺の家の話、俺バージョン

【駄文徒然 その五】俺の家の話、俺バージョン

BLOG

【駄文徒然 その五】俺の家の話、俺バージョン

みなさん、こんにちわ。
ファンネルワークス代表の寺田です。

11月ごろから父親の介護の為、生活・仕事の拠点を実家に移しました。
妻、息子たちとは離ればなれで寂しいですが、20年ぶりの実家で父とふたり暮らしは、親孝行を何もしてこなかった、勝手気ままな人生のターニングポイントかなと思っています。

そんな最近、クドカンさんのドラマで長瀬智也さん主演の「俺の家の話」を妻に「同じ境遇で笑っちゃうよ」と聞き見てみました。
20年ぶりに父の介護の為に実家に戻る長瀬さん。
あらま、ほんとに同じだ。父は人間子国宝でなく、僕はプロレスラーではないけど。
また、息子もいて、その境遇も同じ感じ。
ドラマを楽しみにしながら、また勝手に励ましあいながら見ていきたいと思います。

そんな、僕と長瀬さんの日々は仕事の合間に掃除、洗濯、買い物、朝昼晩の料理、片付け、体を拭いたり、薬を揃えたり、体温測ったり、目まぐるしく過ぎていきます。

また区に相談して、ケアマネージャーさん、在宅看護師さん、介護保険の利用、家の改修など、てんやわんや。いろいろな制度があり勉強になります。ホームページ制作の仕事で関わった地域保健の当事者になるとは、ちょっと前には考えられなかったです。地域保健、ありがたい! 参照:笹川保健財団 地域保健

これからの超高齢化社会。我々の世代でできること、より良い社会にするためには何ができるか。
より良いサービスなどを作れないか、今後のヒントを介護生活から見つけていきたいと思います。